FC2ブログ

カテゴリ:未分類 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

シドニアの騎士のアニメが凄い

なんかコメントでアナと雪の女王の感想書いて!って言われた気がするけど、今回はアニメ「シドニアの騎士」の話。…いやまぁアナ雪の話してもいいんだけど、もうその手の話は色んな所でさんざんされているだろうし、自分が書いても歌が良かった、雪の表現が綺麗だった、オラフのキャラクターで後半は持ったね、正直話はひねりが少なくて普通だったね、といった感じでオリジナリティもクソもない記事になってしまうのでやめておく(笑)。地味に深読みした感想はTwitterの方で色々と語っているので気になる人は自分の発言をさかのぼって読んでもらえると喜ぶかも、じゃっかんネタバレ気味だけどね。

というわけでシドニアの騎士のアニメについての話。


アニメシドニアの騎士


シドニアの騎士についてはアニメ化が決定した時に漫画について詳しく紹介したので(過去記事 祝アニメ化決定「シドニアの騎士」)内容については割愛するとして、というか自分、過去記事では最新刊の特典OVAが関の山とか言ってるけどそんなことはなかった! この子は立派なワンクールアニメになりましたよ!元気な男の子ですよ!!と昔の自分に言ってやりたい(笑)。

“立派な”と書いたけど、アニメーションとしてのクオリティが本当に素晴らしくて、個人的には今クールの中ではぶっちぎりでNo.1!もちろん原作ファンってこともあるけれど、ファンをも唸らせる作品作りっていう点でも間違いはない。特に凄いのがほとんどフルCGで制作されたアニメーションということ。もちろん今までにCGで作成されたアニメが無かったわけではないんだけれど、原作の持ち味を活かした、例えばキャラクターだったり密度の高い構造物だったりのモデリングがなされていて、それがぐわんぐわん動くのがたまらない。昨今のロボットアニメでは一般的なのかもしれないが、原作がマンガで、戦闘シーンはコマとコマの間を補完して読む必要があったものが、スピーディーな描写でガンガンやりあうんだからたまらんでしょ(笑)。

あとコレも良く言われているけど音が凄い良い。自分はニコニコ動画の配信で見ているんだけど、シドニアと蟲師だけはヘッドホンを付けて鑑賞することにしている、それだけ音作りが本気だから。そういえば蟲師の音が良いっていう話は前にもしたと思うけど、このあいだコメンタリーの動画が配信されていて、やっぱり音響スタッフは異常に拘っているっていう話をしていた。環境音や効果音を撮るためだけに全国を旅していますっていうのには、リアル蟲師っぽいなって思って笑ってしまったけど(笑)。そしてシドニアも蟲師に匹敵するぐらい音が良いんだけど、インタビューによるとCGアニメーション制作会社が仕事がきっちりしていて、ほとんど完成した映像に音をつけることができてトコトンこだわることが出来る、と言っていて非常に納得した。普通のアニメだと映像ができていない状態で音を撮っていくなんてことはザラにあるんだとか。そしてこれだけスタッフが本気で作っている上でBD版ではさらに高クオリティの5.1サラウンドの音源を収録!いまから楽しみですナァ


という風に素晴らしいクオリティがここまで続いている、アニメ「シドニアの騎士」。現在ニコニコ動画内で公開中の8話もスンバラシイ出来になっているので、ここまで見逃してるんだよなーって人も是非ポイントで購入して、チェックして貰えるといちファンとして嬉しいなぁと思います。それでは今回はこのへんで、えぬまるでしたノシ




追記
前回の記事を読み返したけど、蟲師の音が良いなんて話は全然してなかった(笑)。アニメ見ている人なら分かると思うけど、声だけじゃなくて風や雨の自然の音だったり物同士が擦れ合う音だったりが非常に細かい。音の効果による没入感を再確認したアニメだったりする、これも要チェック。
スポンサーサイト

蟲師のアニメ2期、1話を見たよ、あと他のアニメの話も

もうなんか毎度毎度"お久しぶりです!"とか書くのも面倒なのでしれっと書くことにする。最近映画はLIFEとLEGOムービーを見た。どっちもなかなかに良くできていてオススメできる良作だった。あとはアナと雪の女王を見たら春の映画は一段落、そんな感じ。あと4月に入って仕事の忙しさも抜けてきたので、モンハン熱が戻りつつある。といってもすぐに所属するボランティア団体で今年度の活動がスタートするので、そうだらだらとは出来なくなりそうだけど、やはり良いゲームだと再確認。難易度のバランスが自分にあってていいんだろうな。HR89まで来たのでとりあえず100を目指してプレイを続けていこう。


で、タイトルの話。蟲師のアニメ2期が始まった・・・と言っても1期から8年ぐらい経っているらしいんだけど。これがまた素晴らしいデキで、流しつつ他の作業をするつもりが途中から見入ってしまった。同じ流れで土日の間に3回も(笑)。ここまで落ち着いて鑑賞できるアニメを見たのはいつ以来だろうか。量産型萌えアニメのようなけたたましさとは無縁の、上質な映像にガラにもなく感動してしまった。関西ではまだ放送が始まっていないようなので(ド田舎の自分はニコニコ動画の配信で見た)内容については控えるが、1期からのファンも原作好きも納得の出来なのだろう、ニコニコのコメントでも賞賛の声が多かったように思えた。ちなみに自分のように2期からでも全く問題ない内容となっているので、今期見るアニメを迷っている人には是非オススメしたい・・・ここ一年ほどアニメから離れていた人のオススメなので全くアテにはならないのだが。あとあれだ、今回このような落ち着いた口調になっているのも蟲師を見た影響なのだ、たぶん。

ここ一年ほどアニメから離れていたと書いたが、今期は久しぶりにいくつか見ていこうと思っている。とりあえず蟲師、ハイキュー、シドニアの騎士辺り。後ろ二つは原作ファンなので非常に楽しみにしている。他の作品もとりあえず1話を見てみて面白ければ継続して視聴するつもり。それも出来れば感想とか書いていきたい。

とりあえず短いけどここまで。余裕があればLIFEとかLEGOとかそのうち見るであろうアナと雪の女王の感想も書くつもり。また次回ノシ

もう少し時間ください

お久しぶりです、マジで
ブログの更新が止まっている言い訳をさせてください。両方のブログの言い訳なので映画とかマンガとかゲームの話が混ざってますけど。

モンハンのブログ書くよって言ってからはや3週間、ブログのトップ記事はいまだに第0回というていたらく。書きたいことはいろいろあったんだけど本当に書く時間がなくて・・・というのも自分の参加しているボランティア団体の活動がマジで忙しくて、ここ1,2ヶ月はブログ書いてたらゲームする時間全くないわという状態。その通してやってきたプロジェクトが先週の週末で完了したので、今回こうやって言い訳を書きに来たというわけです(笑)。

モンハンについてはソロプレイの方はエンディングを見て、ハンターランクは5まで上がりました。なんか今回はハンターランクが際限なく上がっていくみたいなので(上限は999?)、まだまだスタートラインに立ったぐらいの感覚(笑)。先ゆく屈強なハンター達に追いつき追い越せで、ブログのほうも書いていきたいとい思います。

映画・マンガについては、スーパーマンのやつとCG映画のキャプテンハーロックを見た。こっちもぼちぼち感想を書きたいとは思ってはいます。あとミニオン危機一髪という映画が見たい、時間があれば。マンガは黒子のバスケ、私がモテ無いのはどう考えてもおまえらが悪い、ワンパンマンを読んだ。こっちの感想は・・・まぁいいかな(笑)。あと地味にアニメで今更だけど魔法少女まどかマギカを一気見した、これはなかなか面白かったかなー、ちょっとSFっぽかったし、魔女の演出とかは.hack//を思い出したりもした(分かって貰えるのかコレ)。

そんな感じで来週あたりから復帰したいと思います。よろしく。

なんでブログを続けているのか

なんか前にも書いた気がしますが何となく思い立ったので。ズバッと言います。

面白いと思ったモノを伝えたいから。

単純だけど突き詰めればコレなのかなと。表現欲求っていうのが根源にあってこそのブログだと思うんですよ、ハイ。

リンクして頂いているブログの方でもう半年や1年以上書かれてない方もいらっしゃいますけど、こういう人も別に面白い!と思う事が無いわけじゃないと思うんだよね。いままではブログで発散していた表現欲をTwitterやその他のSNSで満たせるようになって書かなくなっただけで、特にジャンルを絞って書いていた人はそのジャンルを嫌いになったわけではないはず。かくいう自分もそういう時期があったし、未だに特に琴線に触れなかった作品はTwitterで適当に感想書いちゃうこともあるし、別に全然自然なこと。

それでも未だにブログを続けているのは、面白くて他の人に知ってもらいたいマンガや映画がまだまだたくさんあるから。んでそれをするにはTwitterでは文字数が足りないし、Facebookでは自分というフィルターがかかってしまうような気がして、匿名で文字数制限のないブログというのはやっぱりやりやすい。そして紹介をしたいという考えなので、内容の考察とか、このネタが面白い!とかは極力しない、そんなの内輪ネタにしかならないし。初見の人にいかにして読んで(視て)もらうか、これが自分のブログのメインだったりする。


そういえば、この話は作品の嗜好性にも表れていることに気がついた。雑学的なマンガって結構好きで、バーテンダーだったり花持て語れだったり、最近だと乙嫁語りとかすっごく面白かった。で、なんで面白いのかなと考えたときに、特にバーテンダーのようなジャンルが目に見える作品では自分の好奇心を満たしてくれるというのはもちろんあるんだけど、雑学を絵にする段階で作者の表現欲(伝えたいという欲)が見えて、そこにシンパシーを感じているんじゃないかと思う。よく作者のこだわり・フェティシズムが見える作品が好きって言っているけど、つまりはそういうことなんじゃないかと。

なんかすごく自分語りな内容になってしまったけど、こういうのも良いんじゃないかな(笑)。じゃぁ次回はその面白かった乙嫁語りについて書こうと思います。今回はこの辺で、また次回ノシ

結局ペンをどうしたか、という話

またどうでもいい話します。MOLESKINEというノートを買って、それに合うペンを探しているというところまで書いた。その続き。

買ってからしばらくは会社で使っているSARASAというペンで記入していた。油性ボールペンのぬるっとした感じでもなく、JETSTREAMのツルツルっとした感じでもなく、サラサラという実に的を得た表現の書き味がかなり好き。でも、SARASAは他のペンと違って見た目がいい上位版が売ってないのがなぁ、MOLESKINEの革っぽい表紙にプラスチックの安っぽい感じはどうも・・・

と思ってネットで調べてみると、FLIXION BALLとJETSTREAMが人気らしい。実は両方持っているんだけど、FLIXION BALLは書き味はいいけど黒の発色が弱く(ほぼグレー 笑)、どうしても油性が必要なときに使っているJETSTREAMは正直あのツルツル感が苦手(;´Д`) というわけでネットの意見を参考にサンプルが置いてある文房具屋で書き比べをしてみることに。

IMG_0233_convert_20130523124802.jpg


まずは学生時代に使っていたHITEC-C、これは丁寧に書く文にはいいけどガリガリ書くとなると少し引っかかる感じがしてイマイチ、でもブルーブラックの発色は好きかも。次にエナージェル、書き味はSARASAに近くていい感じ、でもインクが多く出て乾きが悪いのが残念、速乾タイプのエナージェルユーロはお店に置いてなかった(´・ω・`) uni ball vision エリートは水性で書き味がいいけど裏移りが・・・なかなか理想のボールペンには出会えない(笑)。

と、ここまで試したところでMOLESKINEから専用のペンが出ていることを知る。ペンのクリップ部分が工夫されていて上手いこと挟めるらしい・・・欲しい!!ということでLOFTへ(笑)。本体を買ったときとフロアの構成ががらっと変わっていることに戸惑いつつ、MOLESKINEコーナーをぐるぐる見て回るも・・・ない!!!なんてこった(;´Д`) だがしかし、もしかしてと思って店員さんに聞いてみたところ「引っ越しの影響で裏に置いてたので取ってきます!」とのこと、よかった(笑)。

んで、書いてみたんだけど書き味はSARASAよりぬるぬる感があるけどかなりいい!そして公式が出しただけあってノートへのフィット感が半端無い!・・・でも結構な頻度で裏移りするんだよね(´・ω・`) 0.7の太字の方を買ったからかもしれないけど、これはちょっといただけない・・・0.5の替え芯を買ってみてダメだったら、これも却下ですね。公式ペンのクセに・・・

cfmrp001-01.jpg
▲これが良かったけどキャップじゃなくてノック式しか売ってなかった(´・ω・`)

さらにネットでリサーチを続けるとSARASAのボールペンを気に入って、軸だけ他の高級品に変えて使ってる人が結構いるということが発覚。下は1000円から上は10000円超えまで色々な相性のいい軸があるんだそうな。で、次はその軸を探して文房具屋巡り、お目当てはHITEC-C Cavalieという1000円ぐらいのペン。もうここまで来たらとことんこだわってやるという気持ちで頑張りますヨ(笑)。

それまではとりあえずMOLESKINEペンとSARASAの二刀流で頑張ろう(;´∀`)

今回はこの辺で、また次回ノシ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。