FC2ブログ

2010年03月 の記事一覧

TVは何インチが欲しい?

えぬまるはTVよりもホームシアターセットが欲しい!
タイトルと答えが全く噛みあってないけど気にしないで 笑

家にホームシアターセットがあるって言われると
あぁ金持ちなんだな・・・
ってならない?(あれ?えぬまるだけ?発想が貧相?笑
別に金持ちって思われたいんじゃなくて普通に欲しいだけなんだけどね

で、映画館のスクリーンサイズってどのくらいか知ってます?
例えばかなり大きい部類の、TOHOシネマズ梅田さんの最大のスクリーンは
5.8×13.7m!めちゃでか!747席あります(うちの最大は300人ぐらい
ちなみに、ウチの映画館は・・・あれ、サイトに載ってない 汗

1インチは2.54cmで画面のインチ数は対角線だから、さっきのスクリーンは
・・・・・・(計算中)・・・・・・
585インチ!?計算間違った!?いや、あってるな 笑
まぁインチ数が同じでもアス比で面積は変わるけど、どっちにしろデカイなー



そんでここまでは、まぁお遊びみたいな話で
こっからが意外に知られていない映画館の画面サイズの話

実は映画の画面サイズには2種類あるというのを知ってますか?

もちろん昔はもっとたくさんの種類があったんですが
今実際に使っている画面サイズは2種類で
その名も「ビスタビジョン」「スコープサイズ」です

そもそもなぜ、画面が横長なのかという話なんですが
教科書、「修羅の門」によれば(笑)
人間の眼は、ある程度の角度で広がった画面を見るとそれ以外が気にならなくなる
なんだとか



でも映画史的にはちょっと違います・・・
普通は一コマで撮るものを、フィルムを横にして2コマ使って撮った
つまり映画の画質向上を目指した結果が、今の横長の画面なんですヨ

まぁそのうち、フィルムの性能的に普通にとっても綺麗に撮れるようになり
特殊な撮影機を使うなどコスパ的な部分で撮影方法は廃れていくのですが
画面サイズの規格だけはのこり・・・それがさっき出た「ビスタビジョン」です

画面サイズは横縦比は5:3、だいたい1.66:1で
撮影時には普通に撮って、後で上と下に黒い部分を入れて作るので
ビスタビジョンのフィルムはコマとコマの間に黒い部分がはいってます

ビスタビジョン
▲いいとこにこんな画像が、また時をかける少女だね 笑




もう一つのスコープサイズは、また画質向上の話になるんですけど
ビスタビジョンの黒い部分ってもったいなくね?
って考えた人が作ったサイズで、「撮影時に画面を特殊レンズで左右圧縮して撮って
上映時にまたレンズを通して横長の画面を得る」って方法です

・・・すげぇ分かりにくいな 笑

画像も探したんだけど、wikiの画像ぐらいしかいいのがなくて 汗
▼画像はクリックで(ちょっと)拡大
CS2
横長の画面を左右圧縮なしで撮った場合のフィルム
上と下の黒い部分がもったいない・・・気もする

CS1
左右を圧縮して撮った場合のフィルム
上と下の黒い部分がない代わりに、縦に伸びた画像になってる
フィルムの全面積を使う形になるので画質は高くなる

左右の圧縮を復元した後の画面サイズはだいたい2.35:1で
このスコープサイズが今の映画の主流・・・まだまだビスタビジョンもあるけどネ


またwikiの画像になるんだけど画面サイズ早見表
赤枠がビスタビジョン青枠がシネマスコープだね
▼画像はクリックで(だいぶ)拡大
画面サイズ
シネマスコープの方が横長だから迫力ある映画には向いてるらしい



長くなったけど、普段何気なく見ている映画も
こんな感じで画面サイズが2種類あったりしたというお話でした
こういう技術的な映画館の裏話は需要あるのかな・・・書いちゃったし公開するけどw

ちなみにほとんどのDVDは今のTVの主流16:9に合わせて作られてて
映画館サイズで収録されてても、画面の上と下に黒帯がでちゃうので
その映画の本当の迫力は映画館じゃないと楽しめないヨ!

結局映画館の宣伝に持っていってしまうえぬまるでしたノシ
スポンサーサイト