FC2ブログ

2012年06月 の記事一覧

自分が好きなモノを相手が好きになってくれるとは限らない

と、わざとらしい前置きをした上で今回紹介するマンガは
今自分が大好きで、一番続きが気になっているマンガ 笑
最初にくる感情が「面白い!」じゃなくて「好き!」なので(もちろん面白いんだけど
他人に勧めるべきなのか悩ましいけど、もっともっとこの作品を知って欲しい!
そんな感情に突き動かされてこの記事を書いているのでありますw

そのマンガの名は・・・
「将国のアルタイル」
Shoukoku_no_Altair.jpg

月刊少年シリウスというお世辞にもメジャー誌と言えない雑誌に掲載されているこの作品
自分が手に取った理由は・・・ビビッときたんスよビビッと 笑
冗談じゃなく本当に表紙が綺麗でいいなぁという理由だけで読んだんだけど
これがまさかのホームラン級の面白さ、会心の一撃だったというワケ

軍人の会議で国の政治を決めるトルキエ将国にて、最年少の将軍となった少年マフムート
幼い頃の戦争で故郷と母を失った彼は、二度と戦争を起こさせないと心に誓った
陰謀渦巻く彼の大陸で、マフムートは自らの正義のために奔走する・・・

あらすじはそんな感じ

まず、主人公が行く先々の国が本当に良くできている、というのがイイ
繊細で軽い絵に似合わず、政治形態、信仰、文化、伝統、そういう描写が本当に細かい
ワンピースとかも頑張っている方だとは思うけど、個人的にはこっちの方が一枚も二枚も上手
新しい国や地域に行くだけでワクワクするマンガというのはなかなか無い
いつまでネタが持つのか心配になるほど多種多様な国が出てくる、それが楽しみでしょうがない

そして戦争をさせないために奔走する主人公の駆け引きが面白い
自国の立場や、王族のしがらみ、臣民の想いなんかがあって一筋縄にはいかない
対立関係や中立の国々を相手に、知略を尽くして仲間に引き入れようとする主人公
そして主人公の想い空しく、至る所で燻る戦争の火種・・・すごくロマンじゃないっすかね?笑


書いてて思ったけど三国志に近いんだコレ(三国志まともに読んだこと無いけどw
実は自分は歴史モノに弱くて、もっと勉強しておけば色々楽しく読めたんだろうなぁって常々思っていて
その反動かこういうしっかり描かれた「フィクションの戦記モノ」がかなりツボなんだよね
(海皇記とかFF12とか、ナウシカは違うか
そもそも戦争っていうのは、一つの世界に違う思想の人が複数いる場合に起こるもので
フィクションでやろうと思うと、背景に渦巻く様々な理由をしっかり描写しないといけないので難しい
だからこそ上手くまとまった戦記モノは、世界観が広く深く、読んでいてとても面白いものになる、と思う


とにかく将国のアルタイル、本当に面白い
歴史モノは登場人物とか分からないし劇画チックな絵がなぁ、とか思う人にはぜひ読んでもらいたい!

ここまで書いて気づいたけど、ちょうど今10巻が出たところ
・・・ハッ!「10巻前後のマンガとかやっても面白いなぁ」という伏線はここに繋がった!
もちろん計算だ!計算!なので次回も10巻前後で紹介・・・できたらいいな 笑

そんなこんなで今回はここまでー、えぬまるでしたノシ



えーこっちのブログをなかなか更新できてないのに無理だろっておっしゃる方もいるかと思いますが
こっちではもう書く雰囲気ではないゲームの話のブログを立ち上げました 笑

その名も、えぬまるのげーむ日記!

まだ最初の記事をUPしただけの簡素な作りですが向こうのブログもよろしくお願いしますネ
スポンサーサイト