FC2ブログ

2013年01月 の記事一覧

20000HIT御礼

あけましておめでとうございます、すっかりごぶざたしてしまいました、えぬまるです。ふとブログを確認したらいつのまにかアクセスカウンターが2万を回っていました、本当にありがとうございます。

というわけで、近況報告を兼ねて最近見た映画と読んだマンガについて。

こっから映画

■009 RE:CYBORG
d0245240_22532614.jpg
攻殻機動隊の神山健二が描くサイボーグ009のフルCG映画。CG・3Dの迫力はなかなか、新しいサイボーグ戦士達のデザインも良し。原作が決まっているためにエンターテイメントにふりきった脚本には出来ていないのは賛否両論か。個人的には五十嵐大介のマンガを読んでおいたおかげで、すんなり話にはいっていけた・・・気がする。

■レ・ミゼラブル
bg.jpg
ビクトル・ユーゴー原作の名作ミュージカルを凝縮した長編映画、三時間弱。ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイの歌に圧倒され続ける三時間。個人的には2012年トップクラスの素晴らしさ。面白いとは違う、素晴らしい映画がここにある。映画館でもう一度見ておきたいかも。

■ホビット 思いがけない冒険
img_925216_53253320_0.jpg
指輪物語3部作からのスピンオフかと思いきや、実は話の内容的にも原作的にもこっちが先というのは有名な話。トールキンの世界が大好きって人にはオススメか、個人的にはあらためて前3部作でお腹いっぱいだったということを再確認(笑) 今後スタンダードになるであろうHFR映画(48フレーム/秒の映画、ぬるぬる動くよ)を見れただけでも収穫か。

■新劇場版エヴァンゲリオン:Q
P1150846-thumbnail2.jpg
噂のアレ。前作までみたいな単なる爽快ロボットアクションを期待するとおそらくがっかり、でも古参ファンからしたらエヴァってこんなもんだよと思ったり。話の内容は割愛するとして、巨大戦艦の発進シークエンスにはファンでなくても燃えるモノがあったと確信しているがどうだろう。終盤のシンジ君の「キミの言っていることがさっぱり分からないよっ!!」というセリフに共感した人が多いんじゃないだろうか(笑)

こっからマンガ

■テラフォーマーズ
2012-09-07_1034.png
自分が掲載誌で見たときにちょうど第2章の頭で、面白さがさっぱり分からずに即切りしたマンガ。今年のこのマンガがすごいオトコ編第1位。昔火星に放った突然変異ゴキブリを駆除する改造虫人間のバトルマンガ。1章はなかなか面白い、2章は感情移入する前に死んでいくキャラにぽかーん。キモいとカッコイイの中間をいく希有なマンガかもしれない。

■べしゃりぐらし
43e2e3435fa6e04a3f39ae153cf43313.jpg
ルーキーズの森田まさのりが描く漫才マンガ。ジャンプに掲載されていたのは知らなかった。お笑い養成学校に入ってきっちり取材したという内容の濃さはなかなか、相変わらずこの顔しかかけないのかってぐらい口を尖らせてはいるけど(笑) 今出ている14巻でキリがいいのでオススメ。お笑いの人って苦労してるんだなー。

■マギ
515IsVcdaWL.jpg
アニメ化もされて大人気のマンガ。キャラクターでウケている感はあるけどまぁバトルマンガなんてだいたいそんなもん。ダンジョンとか魔神とか伝説の金属器とか少年ウケはよさそうだけど、中東アラビアちっくな世界観と政治問題的な話は将国のアルタイルの方が遙かに上。8属性とか白ルフ・黒ルフなんかの話が出てきてやっと話の基礎が出来てきた感じで今後は割と楽しみ。

■あさひなぐ
EgVJb.jpg
薙刀の、いわゆるマイナースポーツマンガ。思ったよりギャグ的というかマンガ的な展開で面白い。キャラもしっかり立ってるし。見ている分には剣道より面白そうな気がしてくる、こういう興味ないモノを見れるものにするマンガはいいものが多い(ラクロスも見習え 笑)。今後もチェック。


あと短いモノをいくつか読んだけどまたの機会に

今回はこの辺で、いつになるか分からないけどまた次回

えぬまるのげーむ日記もよろしく、とびだせ動物の森日記絶賛更新中
スポンサーサイト