FC2ブログ

逆鱗日和最終巻に寄せて

このブログでも何回か紹介している週刊ファミ通副編集長、大塚角満のブログ

→ 大塚角満のゲームを読む 

ボクは彼の書く文章が大好きで、モンハンのプレイ日記は特に面白い

何度か書籍化もされていて、それをマネしてモンハン日記を書いたこともあった

その師匠ともいえる彼のモンハン日記が6月24日の最新巻の発売をもって

“終了”・・・となってしまうらしい



2004年に発売された初代モンスタハンターから数えて7年になる

彼はその初代から7年、モンハンシリーズ全てでプレイ日記を書き続けてきたのである

ボクは7年前、モンハンをまだ知らなかった

PSPのモンハン2ndが出る直前に知ったのだからちょうど4年前だ

そのときは周りの友達で流行っている程度で、自分はまだPSPすら持っていなかった

2ndを買おうかどうか迷ってどんなゲームかネットで調べようとしたとき

どんな検索をかけたのか、今では皆目見当もつかないが

トップに出ていたのが「大塚角満のゲームを読む」だったのだ



やったことのないゲームのプレイ日記は大抵つまらない

結局はやったことある人にしか伝わらない「内輪ネタ」が大半をしめるからだ

しかし、当時のボクは寝る間も惜しんでブログの記事を読みふけった

そして気が付くと3年前の記事まで全て遡って読んでいた

それほどまでにモンハンは面白そうなゲームだったし、なにより読み物として成立していた

彼の書くプレイ日記は攻略をメインに置いた、いわゆる攻略日記ではない

仲間とのドタバタとしたゲームプレイや、ゲームの枠にとどまらない日常会話等がメインだ

読んでいると、自分までその仲間に入ってゲームをしている気分にさせてくれる



そんな文章だからか、自分のモンハンの中には常に彼のモンハン日記があった

友達とプレイする時も角満さん達がしていた自分ルールでプレイしたり

新作が出る前には、テンションMAXの彼のブログを読んで一緒にテンションを上げていた


そんな彼のモンハン日記があと1ヶ月もたたないウチに終わる


学生のころなんて学校にPSP持って行って毎日のようにやっていたし

新作が出るたびに友達とハンティングに燃えていた、いわばモンハン≒青春

そんな青春の一部とも言えるモンハン日記が無くなってしまうのはやっぱり寂しい



でも、自分のモンハン熱が無くなるかと言われると、それはないと思う 笑

ここまで熱中したゲームは今までなかったし、これから先も出てこないだろう

たぶん自分はモンハン自体がなくなるまでやり続けるんだと思う 笑

そうやって自分がモンハンをやってる限り、どこかオンライン上で彼に会うこともあるだろう

そうしたらボクは彼にこう言うのだ

「モンハンと言う素晴らしい作品に巡り合わせてもらえて幸せでした」

そして

「はやく日記再開してくださいよ!」、と―――



たまにはこういうしっとりとした文章もかけるんですww

では、えぬまるでしたノシ
スポンサーサイト
1060:

ふん!
たしかにブレイブルーの日記書いてると
部外者は「そいつぁすげーや!」としか思ってなさそうやもんね・・・・

2011.05.21 20:05 ななべべ #- URL[EDIT]
1062:

>ななべべさん
あるねww専門用語バリバリで分かんない・・・
まぁなべさんが楽しそうってのは伝わってくるけど 笑
だから自分は一応読み物になるようなブログを心がけてる、つもり(汗

2011.05.23 09:57 えぬまる #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する