FC2ブログ

かもすぞー!

たまにはのほほんとしたマンガの紹介でも 笑
前回のカイジとのつながり?・・・ねえよ!そんなもん!( ゚Д゚)
最初は面白いかなーって思ったけどそうそう繋がるもんじゃないし
それこそギャンブル繋がりでライアーゲームとか考えたけど
年末にそんな重たい話せんでも・・・とか考えてたらやたら軽い話になった 笑

さて分かる人は分かってるだろうけど今回のマンガは、もやしもんです
タイトルの「かもす」というのはすなわち醸し出すの醸す・・・
「繁殖する」「発酵、腐敗させる」という意味の言葉
その言葉通り、日本初の菌マンガ!というような紹介をされることが多いマンガです 笑
20100116_1602528.jpg

主人公は作中でただ一人菌が見える男、沢木惣右衛門直保!
・・・さわき そうえもん ただやす(通称さわき、ただやす)
菌が見えると言ってもデフォルメされたキャラクター状態で見えるらしい(上の絵的な
「あぁ主人公がその能力を使ってミステリーとかサスペンスとか、そんなマンガ?」
って思うかもしれないけどそんなことはなく、能力が活躍することなんて逆に珍しい 笑
もやしもんは沢木の周りの人たちと菌達が醸し出す、そんな物語

なにが面白いって沢木周辺の人間関係もまぁ普通に面白いんだけど
なによりも菌達にまつわる細かいトリビアを飽きさせることなく読めるということ!
普段生活している中で意識することのない菌の活躍を感じて楽しくなれる!!
・・・なんか説明しててすげぇ地味なマンガな気がしてきた(;´∀`)

正直にいえば菌の活躍よりもメインは食文化とかそっち系で
菌を利用した発酵食品や、日本酒、ワイン、ビールの話だったりするんだけどねー
世界一臭い缶詰のシュールストレミングとか、世界で二番目に臭い発酵食品ホンオフェとか
そういったよーするに雑学の話を読むのがすごく楽しい 笑
こういう自分の興味を広げてくれるようなマンガはちょっと得した気分になるねw


そういえばタイトルのもやしってのはお酒を作る時の種麹、菌の素的なもののことなんだけど
そういうのもあってかこのマンガ、お酒のことにはすっごく詳しい!
たとえば日本酒って作った時はアルコール度数が20度ぐらいあるらしい
あれって思った人はよくお酒を飲む人(笑) 一般的に日本酒は15度前後が多いから
つまり日本酒は作った時に水を加えてわざわざアルコール度数を下げて売っているということ
なぜこんなことをしているかと言うと、昔の酒税法で度数によって税金が違ったかららしい
それを続けているうちに15度前後が伝統の味になってしまって今でも続けているんだとか
今でも第3の発泡酒とか出来るだけ安く売るように頑張ってるけど昔からなんだねぇ

( ´・∀・`) ヘー

こんなかんじの雑学をたのしく読めるもやしもん!スバラシイ!(*´∀`)
時間のあるときにのんびり読めるマンガって少ないのでいいですナ
マンガよりも普通に読書に近いのかもしれない 笑
そんなこんなで★4つ

では来年もいい記事をかもすぞ!
ということでえぬまるでした、良いお年をノシ

もやしもん/石川雅之/講談社/既刊10巻/wikipedia
スポンサーサイト
1115:

んーーーーーーーーーー
もやしもんは一巻くらいで止まってるんだよなーーーーー

見てみるか!!!

えぬぶろ2ver Yeah!!

2011.12.28 23:14 ななべべ(NABE) #- URL[EDIT]
1116:

>なべさん
そこまで続きが気になるマンガじゃないから途中で止まるのも分かるわー(笑)
時間があるときにぜひぜひ
いえあー!

2011.12.28 23:58 えぬまる #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する