FC2ブログ

最近ブログを更新して思うこと

人は書き残したり、文章化することで、脳の中の情報をキチンと整理できるらしい
毎日日記を書くと良いというのもたぶんこの辺の理由なんだろう
特に他人に読んでもらうことを意識した文章ほど、その傾向は強いように思う

最近はTwitter、Facebookで映画や漫画のことは書いたりしていた
でも両方とも文章を書くときの意識がブログとは全く違う
「見られる」ことは意識していても「見てもらう」ことを意識することは少ない
見てもらうための文章の構成や言葉選びをすることもなく流した文章は
相手の心には響かないだろうし、自分の心にも全く残らない気がする
事実、昨日なにをつぶやいたか覚えている人は少ないのではないだろうか

リアルタイムに反応が返ってくる面白さや、内輪ネタで盛り上がれるというのは確かにある
それでも新しい感動や発見を言葉として残しておきたいタイプの人は
じっくりと腰を据えて書くことのできるブログや日記にしておくのが一番いいと思う
(日記は読まれることは意識しなくても、読み返すことを意識する・・・のか?

ただし書きたいことがあったら間を置かずに書くこと
書こう書こうと思っているうちに次のネタが入ってしまってタイミング逃したりすると
新しいネタの方が感動が深いから、古いネタを書くのはぐっとモチベーション下がる
そういう意味ではTwitterやFacebookで下書き的に書いておくことはいいことかも
でもそれで満足しちゃダメなんだろうな

最終的に自分に言い聞かせる感じになってしまったけどだいたいこんな感じ
これが良いとか悪いとかそんなんじゃなくて自分もっとちゃんとした文章書きなよっていうね 笑
ちゃんとした文章ってどんなのだよってのはまた別の話
自分にも題材にも興味ない人が読んでくれるような文章を書けるようになりたいなぁ
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する