FC2ブログ

【今週のオススメ】D-RIVE!!

なかなかマンガを読む時間が無くて、新鮮なネタを提供できないのが心苦しく感じる今日この頃。といってもプライベートの時間をアニメやらゲームやらにあてているだけで、忙しすぎてっていうわけでは無いんだけど(笑)。

というわけで今回は皆川亮二先生のD-RIVE!!、個人的にけっこう好きな漫画家さんなんだけどその作品の中でも一番好きかもしれない。最近はADAMASとかPEACEMAKERとか原作付けずに描いてるけど正直昔の原作付きの奴の方が面白いんだよなぁ(笑)。その分絵は洗練されて、絵だけで読める作家さんの方に入ってきてる感じはするけど。

ikarugasatoru.jpg
▲なんでかぜんぜん画像見つからなかった 笑


主人公はACE:特殊技能者派遣会社で乗り物ならば全てを完璧に乗りこなすスーパードライバーとして働く高校生。彼の元には常人なら想像も出来ないような無茶な依頼が舞い込むのだが、持ち前のドライビングテクニックで難なくこなしていく。そんな中、ある犯罪組織の現場に遭遇し、その組織から執拗に狙われることに・・・

まずこの作者の特徴としてアクションシーンがむちゃくちゃウマイ。格闘シーンが上手い人はジャンルとして成立するぐらいたくさんいるけど、ここまでアクション一本で漫画を描けるって人はなかなかいない。特に人間の躍動感という点では他の人には出せないレベルの上手さ。それが絵の中ではスピーディーかつリアルな重量感として、むちゃくちゃなアクションシーンにも説得力を持たせ、緊迫感のあるコマとして表現されている。そこがスゴイ。

特にD-RIVE!!を面白いと思わせるのは、バトルシーンもあるにはあるけど、それもほとんど乗り物でやってしまうということ。主人公は基本的に格闘技術は持ち合わせていないので、バイクのアクロバットな動きで敵を翻弄したり、時には乗り物で踏んづけたりすることはあっても、格闘に持ち込まれるとまぁ弱い(笑)。その分乗り物の特性を把握して即適応、即利用できるという能力が光る。

毎回毎回違う乗り物が登場するというのもイイ。ホバークラフトだったりスノーモービルだったり戦車だったり、その乗り物にしかできないアクションをしっかり描いてくれるのがニクイ(笑)。そうやってドライバーとして有名になるとライバルドライバーなんてのが出てきたりで、乗り物バトルという良く分からないジャンルが出来ていくのも面白い。

師匠や仲間達も一癖二癖あるヤツばっかりで物語に華を添えてくれる。特に師匠との関係はかなり熱い!最終巻の巻末に載せられている外伝マンガA-RIVE!では主人公の父親と師匠の関係が描かれていてかなり胸熱だった(笑)。こういう王道的な皆川節は好みが分かれるトコロだとは思うけど、意外と自分は嫌いじゃないかな。


そんなかんじでDRIVE!オススメです。いま完全版みたいなのが出ててちょっと集めようかと思ったけど今本棚MAXなので自重(笑)。余裕が出たら集めたい一作ですな。ではまた次回。
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する