FC2ブログ

THE・現実逃避マンガ「AQUA」&「ARIA」に逃げる

3月に入っていつの間にやらもう半分、なかなか暖かくなってきましたね。花粉症の自分にとってはつらい季節の到来です(;´Д`) こんな天気がいいのに部屋にこもってマンガを読むなんて・・・なんて幸せなんだ(笑)

そんなわけでつらーい現実から逃げるのにもってこいのマンガ、「AQUA」&「ARIA」のご紹介です。

aria10.jpg


この二つ、タイトルは違えど中身は続き。連載していた雑誌の廃刊で作品ごと移籍した際にタイトルを変更したんだとか。巻数の少ないAQUAから読むのが正解です、自分も調べるまではARIAのスピンオフかなんかかかと(笑)

話としては遠い未来、人の住めるようになった火星(=AQUA、アクア)が舞台。移住するときに氷を溶かしたら思ったより水浸しになっちゃったのでヴェネツィアみたいな街を作ったという設定。まぁこの辺のSFな設定というか知識は読むに当たってそんなに必要ない(笑) その街でゴンドラ乗りとして一人前を目指す女の子が主人公。

というとこまで頭に入れて読んだんだけど、最初はお客さんの難題をぱぱっと解決するちょっと変人ゴンドラ乗り的な話だと思ってたんだよね(こういう構成の話よくあるし 笑)。でも実際は半人前の女の子三人が、地元の風習やら季節の移ろいの中でだらだら~と過ごすのをただ見つめるだけのマンガ。いつまでたっても半人前だし、それに特に焦りを感じるわけでもなく、友達・優しい上司・個性的な街の住人と素敵な日々をのんびり過ごす・・・う~ん、実にモラトリアム(笑)

んで、これ読んでて途中すごい怖かった、現実逃避感がすごすぎて。自分の日常がここまで充実したものではないってのがはっきり分かってしまって、あーこんなふうにのんびり生きれたらなーという無気力状態になりそうで、それはもう恐怖でしかなかった(笑) でも最後の最後に主人公をとりまく環境もがらりと変わって、あの楽しかった日々を忘れずに、さらに今ある楽しみを見失わないようにとすんごい前向きな終わり方をするので、その点は安心感というかなんだか満たされた感じがありました(*´∀`*) あんまり言うとネタバレになっちゃうので言えないけどね、ほんとラスト2巻で救われた(笑)

そんな感じで、一時の休息と現実逃避を与えてくれながらも、明日へ向かう活力を与えてくれる、何ともいえぬ癒し系マンガですナ。なんかアニメも評判がいいみたいなので気になる人は見てみたらいいんじゃないかな!

というわけで「AQUA」&「ARIA」を紹介しました~
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する