FC2ブログ

ホラー&バトル「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」

みなさんは幽霊って信じます?自分は全く信じてないんですけど、世の中にはけっこう信じる人がいて面白いですよねー。え?信じている人にしか見えないって?じゃぁ見えちゃって嫌な人は信じなきゃいいのにね(笑)というのは否定派の暴論でしょうかw 見えるんだから信じるしかないでしょという人は疑いはしないんでしょうかネ?根本的な幽霊の存在とか、自分の目とか頭とか・・・自分ならまず日常的に見えだしたら病院行きますね(;´∀`)

そーいう幽霊つながりで今回はジャンプで連載されたホラーバトルマンガ「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」のご紹介です。

MU-02_18.jpg


現世にいるべきでない霊による事件を解決する「魔法律」。日々悪霊と対峙する若き天才魔法律家ムヒョとその助手ロージーの活躍と、魔法律協会と古くから対立する禁魔法律家との闘いを描くダークファンタジーバトルマンガ。そんな感じ。

読んでいて思うのは今のジャンプにはあり得ないテンポの良さ。敵の攻撃を防ぎながら高難易度の魔物との契約をするというシーンがたったの2話で終わってしまったのは驚きしかない(笑) あまりに短すぎて実は失敗なんだとか、契約した魔物に裏切られるんだとか、一番やっちゃいけない夢オチだとか色々な展開が頭をよぎったけどそんなことはなかった(笑) 全18巻というコンパクトな作品ながらほどよい内容の濃さになっているのは、最近のジャンプ作品にはない感じでイイと思う。

あとはホラーの質もバトルの質も最後まで落ちなかったのは良かったな。主人公二人のコミカルなやりとりと、悪霊と対峙したときのシリアスのギャップで霊の怖さが引き立てられているあの感じ。そこに天才魔法律家のムヒョが大技をバンバン決めていくのはスカッとするし、バトルとホラーがここまで綺麗に融合したマンガというのはなかなかないんじゃなかろうか。

しかし惜しむべくは打ち切りで連載が終わってしまったというところ。これが理由かはよく分からないけど、忘れ去られた設定や伏線が結構あったのは残念(;´Д`) まぁ最終章の前のエンチュー編が物語り序盤からずーっと来て盛り上がって終わったから、最終章(作者的には終わるつもり無かっただろう)がインパクトに欠けたってのは理解出来るんだけど、それでも打ち切りにするのはもったいない作品だったと思うんだけど・・・


ちなみにムヒョロジの打ち切りを受けて次の週から始まったのがぬらりひょんの孫、今はジャンプS.Q.に移籍しちゃいましたケド。最近はこういうホラー系は受けないのかな?最近のジャンプは結構ぬるい作品が多いのでこういうのが一個ぐらい来てもいいと思う・・・そーいや読み切りでこっくりさんの話があったね、あの設定は連載に使いづらいなーと思ったけどどうなることやら(笑) 今ジャンプはクロマネ、ハングリ、めだか、キルコと打ち切り要因が多い=新連載が始まり易い時期。なのでジャンプから結構はなれてて今更読む気しないんだよねーという人には、今が狙い目!という事をお伝えしておきたいと思いますー(*´ω`*)

・・・ムヒョロジの話をしていたはずがなぜこんな事に(笑)

女ウケしそうな絵だけど良い作品ですので是非読んでみてネ、ではまた次回ノシ
スポンサーサイト



1165:

俺は数年前まではサンデー派で今はマガジン派なんだけど。
ムヒョは単行本で買って読んでたから好きだったなぁ。

マガジンでも最近は新作がちらほらと出てきてるよ。
「あひるの空」の作者は近頃病気がちで休載が多いから心配だなぁ。
そして「むろみさん」祝アニメ化だね!!w

2013.04.16 01:55 マモルーン大佐 #DdiHOXp. URL[EDIT]
1166:

サンデーは最近読んでるの増えてきたけどマガジンはバキ終了とみつどもえ移籍で全然読まなくなっちゃった・・・あひるは回想ばっかりでなかなか進まないし(;´Д`)
むろみさんはマガジンだとは思わなかったよw そして声優さんの破壊力ってすさまじいと思った(笑)

2013.04.16 12:59 えぬまる #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する