FC2ブログ

正統派スポ根バレーマンガ「ハイキュー!!」

毎週読んでいるジャンプで今一番楽しみにしているマンガ、ハイキュー!!のご紹介です。今更紹介する必要なんてないとは思うけど、面白いものは面白いんですしょうがない(笑)。世間では暗殺教室がやたらもてはやされてますけどね、個人的には圧倒的にハイキュー!!です!

highkyuu_1280_1024_convert_20130524123804.jpg


ジャンプでは久しぶりに地に足のついたスポ根マンガで、バレーという題材もここ最近だと新鮮。主人公は背が低く瞬発力の高い素人キャラで、その爆発的な瞬発力について行ける=活かせる天才ライバル?キャラが同チームにいるという設定も面白い。その他にもちゃんとキャラが立ったメンバーが多く、その上試合中の絵の構図がバツグンに上手い。今ジャンプでもトップレベルのマンガセンスを持っている作家さんなんじゃないだろうか。

なんとなく最後に書いてしまったけど、ハイキュー!!の上手さって構図だと思う。バレーってスポーツ自体が攻撃・守備のルーチンで一定のテンポがある競技だからかフィニッシュ以外は単調になりがちだけど、チームが一丸となって相手の攻撃に耐え、からの精一杯の攻撃によって点が決まる瞬間のカタルシスがスバラシイ。その一瞬一瞬を切り取る構図がすごく良くて、主人公の瞬発力やそれに合わせる天才セッターのトスなんかのマンガ的表現はもちろんなんだけど、エースのアタックのダイナミックさ、ブロックではじいたボールを拾うリベロのギリギリ感とか、現実の試合に普通に出てくるような場面の切り取り方が本当に上手いと思う。

3727df57bc5c0dcbfe0ef9bd1598a09437e3.jpg
▲先に跳んだ主人公(足)を囮にバックアタックをかける直前のエース、かっこいいw


ここ最近はずっと試合で見た目の変化に乏しい感じはあるけど、ちゃんとバレーの細かいルールを駆け引きに絡めて紹介していくのも面白い。スポーツマンガでは割と基本な気もするケド、正直上手く出来ているってのは少ない気がする。テニプリとか黒子のバスケみたいなキャラマンガだとまた話は別だと思うけど、試合を面白く描けるというのはスポーツマンガでは非常に大事(どっかのラクロスマンガの敗因もこれだしな 笑)。

主人公チームのキャラもイイのが揃っていて役割分担がしっかりしていていい感じ。チーム内での立ち位置がハッキリしていたり、誰と誰が仲がいいとかの関係も見えて結構練ってあるのかなという印象。ただ相手チームのエースキャラ以外が、後々絡めるキャラにしたいのかただのモブキャラにしたいのか分からないところは少し残念か。

あとは少年誌的に可愛いヒロインが出てくれば文句は無いんだけどなぁ(笑)。一応美人女子マネージャーはいるんだけど今のところサブキャラどころか応援専用キャラな扱いで残念。この辺は作家も担当も気付いているだろうし、なんとかしてくれるような気はするけど。それと主人公・日向と天才・影山の対照的な名前も今後引っかけてくるんじゃないかなー。そういう名前にひっかけた話大好きだからゼヒやってほしい(笑)。


というわけでハイキュー!!紹介しました。絵がちょっと女子よりな感じがして読みづらいって声も良く聞くけどゼヒ読んでみてもらいたい作品です。では今回はこの辺で、また次回ノシ
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する