FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

グランド・イリュージョンの話

いったん書きだすと続けて書きたくなるのがブログっていうもので、まどマギの前に見たグランド・イリュージョンという映画について書く。そこそこTVでCMが流れていたので名前だけは覚えているという人が多そう。マジックを使って強盗するよ、という話。

20131146351e0Vj9.jpg


もう少ししっかりしたあらすじを書くと、若き才能を持ったマジシャンが4人、ラスベガスでのショーの最中に、フランスの銀行から金庫の札束を全て頂戴するというマジックをやってのける。半信半疑ながら4人を逮捕した警察、しかし当然不可能な犯罪に釈放せざるを得ない。しかしマジシャン達は次なるマジックショー=違法行為を宣言し警察を翻弄、警察も元手品師で今はTVショーでのネタばらしを生業とするプロに調査を依頼しガチンコ対決。さてはて警察はマジシャンの手の内を暴くことが出来るのか、そして一連のショーの目的とはいったい・・・的な。

主人公を演じるのはソーシャルネットワークでザッカーバーグを演じたジェシー・アイゼンバーグ、思ったよりブレイクしなかったけど今回も天才役でなかなかのハマリ具合。そして4人のパトロンとなる富豪にバットマンシリーズの執事役マイケル・ケイン、警察の依頼を受けてマジシャンの周りをかぎ廻る元手品師にモーガン・フリーマンの大御所で脇を固める。警察役が最近のハルクを演じていた人らしいんだけど、ハルク見てないからさっぱり分からなかった(笑)。


まぁ映画としてはなかなか面白かったんだけど、オチがちょっと弱いかなーというか、そのオチでいいのかーっていう、オチはあくまでファンタジー。それってマジックっていう現実的な題材から一番遠いところなんじゃないのとつっこんではいけない。タネがあると分かりながら見ているマジックのように、寛大な心を持って見るべき映画(笑)。

特に面白いなーって思ったのは映画全体でミスリードが上手く働いているというところ。マジックの映画だしミスディレクションって言った方がいいのか。黒子のバスケで有名な単語になったけど、意図的に相手の意識を自分以外に持っていって、その裏でこっそり色々するという技術。それが上手いこと映像表現として出来ているのは監督もちゃんと研究してるなぁという感じ。スタッフもかなりしっかりマジックの練習をしたらしいし。ミスディレクションと言えば面白い&分かりやすい動画があったので一番下に貼っときます。

あとは主人公達4人の泥棒VS頑固な警察官っていうモロにルパン三世な構成にクスっときたのと、オーシャンズ11シリーズを彷彿とさせるオシャレ感は期待通り。フランスの監督らしく最後は綺麗なラブストーリーに持って行くところもまぁ良し。黒幕の正体もまぁまぁ納得。なんというか優等生な映画、テーマも悪くないし良作だけどもう少しが足りない。金曜ロードショーとかぼーっと見ると案外ぐいぐい見せられてしまって、あれ案外面白かったよねって言われるようなあの感じ。レンタル旧作になったら借りてまったり見ると楽しいかもしれない。

と、いうわけでグランド・イリュージョンの感想は以上。総括すると、悪くないよね的な。今年ももう少しで終わるけどまだまだ見たい映画がある、どうにかして仕事を片付けねば・・・今回はこの辺で、えぬまるでしたノシ


↓↓例の動画↓↓



3分すぎからの流れは必見
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。