FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

プレーンズ2 ファイアー&レスキュー、の感想

アナと雪の女王以来、久しぶりの映画館での鑑賞となったプレーンズ2 ファイアー&レスキュー。この日はその前に日本原作トム・クルーズ主演でお馴染みのオール・ユー・ニード・イズ・キル……この長ったらしい名前はもう少しどうにかならなかったのか……、その後に久々にまともな役?のジョニー・デップが見られるトランセンデンスを見たのだが、それはまた別の機会に、ともかく今日はプレーンズ2の話。



正直この日は3本目のトランセンデンスに期待していて、2本めのこいつは前作もイマイチ好きじゃなかったからそんなに期待していなかった……超高速参勤交代とどっちを見るか迷うぐらいには(笑)……んだけど、続編となる今作はこれがなかなか上手く出来ていて、トランセンデンスがハズレでも別に問題ないなってぐらいには楽しんでしまった(笑)。


まず前作のどの辺が自分のツボからズレていたかって話からしたいんだけど、それを語るには前作のあらすじから語らねばなるまい。主人公はトウモロコシ畑で農薬散布機として働くダスティ・クロップホッパー。彼の夢は飛行機レースに出場し、優勝すること。しかしそれには農薬散布機であるということに加えて、飛行機なのに高所恐怖症という障害が・・・。ベテラン飛行機のスキッパーや大勢の仲間の力を借りて、レースに出場したダスティは見事世界一周レースで優勝を果たすのだった。と、ここまでが前作プレーンズのあらすじ。

知ってる人は当然知っていると思うんだけど、プレーンズはピクサーの大ヒット映画「カーズ」シリーズのスピンオフ作品。自分はもともと車好き・レース好きなこともあってカーズの作風が大好きで、その理由の一つ目に来るのが徹底された世界観の構築だ。全てがクルマのキャラクターに置き換えられた世界では、レーサーとして走る車はもちろん、整備士にマスコミ、ファンの観客、保安官や町の住人、続編では007のようなスパイや英国女王に至るまですべてがクルマであり、人間は一切登場しない。そして車の特徴を使ったコミカルな動きや表現が素晴らしい、まぁこの辺はピクサーの得意とするところだ。とにかく、クルマ達がクルマ達だけで暮らす世界がきっちり表現されていた。

話は打って変わってプレーンズ、こっちはどうかと言えば主人公は農薬散布機、師匠役にはレトロな戦闘機、あとはレース用の飛行機と、ジェット戦闘機……あぁ、レース実況の飛行船もいたっけ。とまぁどこまで行っても出てくるのは何かの役割を与えられた飛行機ではなく、あくまで”飛行機そのもの”なのだ。スピンオフということもあってクルマが担っているポジションには飛行機を入れることが出来なかったんだろう、というのは想像出来なくもないのだが、これはカーズの流れを組む作品として残念だったのは自分だけではないはず。さらに子供向けを意識してなのか飛行機レースを意識した演出が少なかったのも残念なところ。例えば、クルマのレースでは見られないパイロン(飛行機レース用の障害物)についてもう少し詳しく描いても良かったんじゃないだろうか、設営するクルーを映すとかさ。その辺のイマイチさは制作会社がディズニーでもなくピクサーでもなく、ディズニーのスピンオフ作品をメインで制作するスタジオだったというのが関係していたんじゃないかと思っている、あくまで個人的にだけど。


長々と前作の話をしてきたけど、その点プレーンズ2はどうだったかと言えば、色々と非常に改善されていた。まず前作に比べてクルマとの絡みが明らかに多い、これはちゃんとカーズと同じ世界観を共有しているということを強く思い出させてくれる。そして2つ目に消防士という役割を与えられたという点。これによって消防用の飛行機が持つ特徴をきっちり脚本に組み込むことができていて、それがまたなかなか良く出来ている。さらに3つ目、前作はレースに勝つという目標に対して自分の限界を超えるという課題だったワケだけど、正直なところ展開は見え見えでカタルシスに乏しかった。今作では消防士という役柄もあって、他人のピンチに対して命を張れるかという色んな意味で燃える展開となっているため、ドキドキハラハラ感は前作とは段違い。ダスティの属するレスキュー隊の面々も良いキャラクターしてたしね。そんな感じで非常に楽しい作品になっている……んだけど、前作のキャラクターがなんの説明もなく登場するので、見に行く時はやっぱり前作を見てからの方がいいんじゃないだろうか。

という感じで、本編であるはずのプレーンズ2の感想が前置きより短いっていうオチ(笑)

しかしこの作品、ダスティは第2の生き方を与えられてハッピーエンドかと思いきや、3部作として制作されているらしい。こうなると更に続編があるわけだけど、恐らく、というかほぼ間違いなくレーサー復帰だろう(笑)。余談だけどハリセンボンの春菜が声優として出ていたんだけど、やはりそこはディズニー、全く違和感がなくてやっぱり驚いた。

んなワケで、プレーンズ2の感想でした。次回はもう少し文字数を減らして書きたいかな、えぬまるでしたノシ
スポンサーサイト
1177:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017.09.28 19:15 # [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。