FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

あけましておめでとうございます&2013年の映画総括

あけましておめでとうございますーということでね、2014年ですよ2014年。今年もちょくちょく書いていきますのでよろしくお願いしますー。どこの漫才師の挨拶だこれ。2014年もいろんな映画、漫画を見ていけたらなーと思います。あと、個人的に変わったことといえばパソコンを新調しました。前々から欲しいと思っていたMacBook Pro Retina 13inchを買いましてね、これから使い倒してやろうと思っとるわけですよ。

そんなわけでタイトル通り2013年に見た映画の総括をしていきたいと思います。キーボードの練習も兼ねて(笑)。キーボード変わると打ちづらくてしゃーないよね最初のうちは。そんなことはどうでもよく、去年映画館で見た映画はコチラ。

エヴァンゲリオン新劇場版 Q
007 スカイフォール
レ・ミゼラブル(2回目)
ライフ・オブ・パイ
シュガー・ラッシュ
ジャンゴ 繋がれざる者
藁の楯
リンカーン
図書館戦争
オブリビオン

モンスターズ・ユニバーシティ
風立ちぬ
パシフィック・リム
ローン・レンジャー
スタートレック イントゥ・ダークネス
マン・オブ・スティール
キャプテン・ハーロック
グランド・イリュージョン
新劇場版 魔法少女まどか☆マギカ
ゼログラビティ

プレーンズ
かぐや姫の物語


以上22作品。大体1ヶ月に2本ペースってところですね。1日3本とか何回かやってるので実際はそんな感じじゃないと思うけど。上の方の作品は公開自体は2012年だから省くとして、個人的に印象に残ったのはシュガー・ラッシュ、ジャンゴ 繋がれざる者、ゼロ・グラビティの3作品。前にも書いてるかもしれないけど、ちょっとずつ今の印象を交えて感想でも。

シュガー・ラッシュ、ディズニーのアニメ映画。もともとディズニー好きで毎年欠かさず見ているけど、これは例年に比べても間違いなく名作!モチーフがゲームということで、自分のような世代を直撃の話ではあるんだけど、それ以上に話の作りがしっかりしていて面白い。ここまで伏線を大事にした子供向けアニメもここ数年では珍しい。もちろんゲームであることを活かした仕掛けで笑わせてくれる。むちゃくちゃ面白い、年末にレンタルしてきて2回も見てしまった(笑)。

ジャンゴ 繋がれざる者、クエンティン・タランティーノ監督の描く西部劇。個人的にこの監督のグロさはあんまり好きじゃないと思っていたんだけど、実際に見たらカッコ良さの塊みたいな映画で悔しいけど面白かったという作品。バイオレンス、アンド、バイオレンスな作品だけど、好きな人はハマると思う。話は割りと単純なリベンジもの、演出はクドい、なのにカッコ良い、なんでかなー(笑)。

ゼログラビティ、今も劇場公開中の宇宙モノの映画。映像の作りで言えば今年の映画でピカイチ、個人的にアカデミー撮影賞&視覚効果賞の最有力株。映像のリアルさがハンパなくて驚き、今後のSF映画のハードルが上がっちゃうんじゃないかと思ったぐらいのデキ。Twitterでも誰かが言ってたけど「SF映画の枠ではなく、ドキュメンタリーに近いような映画だ」という感想に激しく同意。その分話は宇宙空間からの脱出(帰還)へのチャレンジだけ、とかなりシンプル。それでも100分近い映像に引き込まれた、ぜひ劇場で見ていただきたい作品。


というわけで3つほど、簡単ですが書きました。まだまだ新しいキーボードには慣れませんが、練習も兼ねてちょこちょこ更新したいと思いますので、今年もよろしくお願いします。ではえぬまるでしたノシ

グランド・イリュージョンの話

いったん書きだすと続けて書きたくなるのがブログっていうもので、まどマギの前に見たグランド・イリュージョンという映画について書く。そこそこTVでCMが流れていたので名前だけは覚えているという人が多そう。マジックを使って強盗するよ、という話。

20131146351e0Vj9.jpg


もう少ししっかりしたあらすじを書くと、若き才能を持ったマジシャンが4人、ラスベガスでのショーの最中に、フランスの銀行から金庫の札束を全て頂戴するというマジックをやってのける。半信半疑ながら4人を逮捕した警察、しかし当然不可能な犯罪に釈放せざるを得ない。しかしマジシャン達は次なるマジックショー=違法行為を宣言し警察を翻弄、警察も元手品師で今はTVショーでのネタばらしを生業とするプロに調査を依頼しガチンコ対決。さてはて警察はマジシャンの手の内を暴くことが出来るのか、そして一連のショーの目的とはいったい・・・的な。

主人公を演じるのはソーシャルネットワークでザッカーバーグを演じたジェシー・アイゼンバーグ、思ったよりブレイクしなかったけど今回も天才役でなかなかのハマリ具合。そして4人のパトロンとなる富豪にバットマンシリーズの執事役マイケル・ケイン、警察の依頼を受けてマジシャンの周りをかぎ廻る元手品師にモーガン・フリーマンの大御所で脇を固める。警察役が最近のハルクを演じていた人らしいんだけど、ハルク見てないからさっぱり分からなかった(笑)。


まぁ映画としてはなかなか面白かったんだけど、オチがちょっと弱いかなーというか、そのオチでいいのかーっていう、オチはあくまでファンタジー。それってマジックっていう現実的な題材から一番遠いところなんじゃないのとつっこんではいけない。タネがあると分かりながら見ているマジックのように、寛大な心を持って見るべき映画(笑)。

特に面白いなーって思ったのは映画全体でミスリードが上手く働いているというところ。マジックの映画だしミスディレクションって言った方がいいのか。黒子のバスケで有名な単語になったけど、意図的に相手の意識を自分以外に持っていって、その裏でこっそり色々するという技術。それが上手いこと映像表現として出来ているのは監督もちゃんと研究してるなぁという感じ。スタッフもかなりしっかりマジックの練習をしたらしいし。ミスディレクションと言えば面白い&分かりやすい動画があったので一番下に貼っときます。

あとは主人公達4人の泥棒VS頑固な警察官っていうモロにルパン三世な構成にクスっときたのと、オーシャンズ11シリーズを彷彿とさせるオシャレ感は期待通り。フランスの監督らしく最後は綺麗なラブストーリーに持って行くところもまぁ良し。黒幕の正体もまぁまぁ納得。なんというか優等生な映画、テーマも悪くないし良作だけどもう少しが足りない。金曜ロードショーとかぼーっと見ると案外ぐいぐい見せられてしまって、あれ案外面白かったよねって言われるようなあの感じ。レンタル旧作になったら借りてまったり見ると楽しいかもしれない。

と、いうわけでグランド・イリュージョンの感想は以上。総括すると、悪くないよね的な。今年ももう少しで終わるけどまだまだ見たい映画がある、どうにかして仕事を片付けねば・・・今回はこの辺で、えぬまるでしたノシ


↓↓例の動画↓↓



3分すぎからの流れは必見

普段アニメを見ない人にもオススメしたい良作、魔法少女まどか☆マギカの話

仕事が忙しくて映画を見たりマンガを読んだりする時間がなく、あまりにネタがないのでこれは書くまいと思っていたまどマギの話をします。一般向けな話にまとめることが出来ないような気がしていて避けてきましたが、なんとなーく自分の中で作品についての評価が固まりつつあるので書こうかなーと思います。特にネタバレは無しの方向で。

まず今更だけど魔法少女 まどか☆マギカについて。2011年に放送されやたらネットで話題になったアニメ、いまその続きの劇場版がやってるアニメ、通称まどマギ。主人公まどかと他4人の魔法少女の物語。キャラクターのビジュアル的には派手さを押さえたプリキュアといったところ。魔女という敵を倒す使命を背負った魔法少女、魔法少女になれば一つだけ願いを叶えるという謎の生き物、そして少女達に訪れる過酷な運命とは・・・という感じ。

img_kv_3.jpg
▲このポスター見て子供連れの人が入っていったけど・・・



で、TV版から劇場版まで全部見終わったワケですが・・・



やられたっっっっっっっ!!

こうくるのかああああああ!!!

この設定・脚本はスゴイ!!


この3つでございます(笑)。順を追って書きますね。

まず"やられた"。正直ね、こんなビジュアルなんだしどうせ女の子たちがきゃっきゃうふふな話なんでしょ、と思っていたわけですよ。ここがすでに制作陣の思うつぼなワケで、想像とは裏腹にぜんぜんゆるくない、悲壮感すら漂う始末(笑)。まぁこの辺はネットで話題になっていた時点である程度は分かっていたんだけど、やっぱり映像で見ると伝わり方がぜんぜん違うんですよね。いままでの魔法少女のイメージを根底から覆す内容に、このご時世にそうそう見ることの出来ない「新しいアニメーションへの挑戦」を見た!!そういう意味での"やられた"というワケです。

次に"こうくるのか"。この作品、本当に展開が読めない。従来の(子供向け)魔法少女アニメのように一話完結でなく、一貫したストーリー展開があるというのもある意味特徴的である、まどか☆マギカ。徐々に明かされていく謎に1話1話こうきたか!と言わされつつ向かっていくラストでは、ストーリーの根幹である壮大な謎が明らかに!!・・・ハードル上げすぎですかね。とにかく従来の常識が通用しない展開に"こうくるのか"と叫ばずにはいられません(笑)。そういえば劇場版もこうくるのかの連続で楽しかった、なんか賛否両論あるみたいだけど個人的には好きな終わり方で良かった。

最後に設定と脚本について。三段オチの最後の様で、実はここが一番良かったと思ったという話。なんといっても魔法少女であることの意義がしっかりと設定されているのがイイ。ネタバレになってしまうので詳しく書けないのが歯がゆいけど、魔法少女が戦う理由、魔法"少女"でなくてはならない理由、謎の生物が魔法少女を生み出し続ける理由、この辺がしっかり説明されていたことで大人も見れるアニメになっていると思う。そして、そういう設定が見事に組み込まれた脚本、これは面白いとしか言いようがない。キャラありきに見えてあくまで設定ありきで作られている感じなのも好き。アニメだし絵柄が・・・と敬遠せずに是非見てもらいたい。


・・・

と、ここまで書いてふと思ったのが、この作品の作りって最近のアメコミヒーローモノにそっくりだということ。ただ漠然と悪と戦っていた従来のスタイルからの脱却と、そのヒーロー像にそれなりの理由付けがあって、そのシステムによって振り回される主人公(達)というのはまさにバットマンだとかスーパーマンだとかスパイダーマンだとかアイアンマンだとかに通じるモノがあると思う。向こうが大人の鑑賞に耐えうるアメコミだとしたら、まどマギは大人の鑑賞に耐えうる魔法少女アニメというところか・・・正直後者の方が難しいと思うケド(笑)。

というわけで是非とも見てみてもらいたい今作。余談の上に地味なネタバレになるかもしれないけど、この作品のWikipediaを見ていたら脚本家の虚淵さんが作品作りの際に影響を受けた映画にメメントを挙げていたのがちょっと納得で面白い。あの悲壮感とかは好きなんだろうなーと思いつつ、今回はこの辺で。見たい映画がたまっているけど行けるといいなー、えぬまるでしたノシ

もう少し時間ください

お久しぶりです、マジで
ブログの更新が止まっている言い訳をさせてください。両方のブログの言い訳なので映画とかマンガとかゲームの話が混ざってますけど。

モンハンのブログ書くよって言ってからはや3週間、ブログのトップ記事はいまだに第0回というていたらく。書きたいことはいろいろあったんだけど本当に書く時間がなくて・・・というのも自分の参加しているボランティア団体の活動がマジで忙しくて、ここ1,2ヶ月はブログ書いてたらゲームする時間全くないわという状態。その通してやってきたプロジェクトが先週の週末で完了したので、今回こうやって言い訳を書きに来たというわけです(笑)。

モンハンについてはソロプレイの方はエンディングを見て、ハンターランクは5まで上がりました。なんか今回はハンターランクが際限なく上がっていくみたいなので(上限は999?)、まだまだスタートラインに立ったぐらいの感覚(笑)。先ゆく屈強なハンター達に追いつき追い越せで、ブログのほうも書いていきたいとい思います。

映画・マンガについては、スーパーマンのやつとCG映画のキャプテンハーロックを見た。こっちもぼちぼち感想を書きたいとは思ってはいます。あとミニオン危機一髪という映画が見たい、時間があれば。マンガは黒子のバスケ、私がモテ無いのはどう考えてもおまえらが悪い、ワンパンマンを読んだ。こっちの感想は・・・まぁいいかな(笑)。あと地味にアニメで今更だけど魔法少女まどかマギカを一気見した、これはなかなか面白かったかなー、ちょっとSFっぽかったし、魔女の演出とかは.hack//を思い出したりもした(分かって貰えるのかコレ)。

そんな感じで来週あたりから復帰したいと思います。よろしく。

パシフィック・リム、ローン・レンジャーの感想

夏の大作ラッシュも徐々に終わりを見せている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。自分は最近スター・トレックの新作を見ました。あとはノーラン監督が関わっているスーパーマンのやつと、一部から高い評価の聞こえてくるあの花の劇場版と、3DCG映画のキャプテン・ハーロックを見たいなぁと思ってるんだけど今週末にはMH4発売ということで多分全部はムリ(笑)。スーパーマンことマン・オブ・スティールはノーラン節と監督のザック・スナイダーは合わないんじゃないかと心配なんだけどどうなんだろう。300とかエンジェルウォーズの人だよね、全体的にすごい大味な気がして不安・・・見てから感想で書けって話だけどね(笑)。というわけでタイトルの2本の感想書くよ、公開からだいぶ経ったしぼちぼちよかろうということで。

まずはパシフィック・リムから。

1376442065ELnHzu.jpg



こういう映画の感想を言う時って自分は「大人の本気の悪ふざけ」ってよく言うんだけど、この映画はまさにそれ(笑)。子どもの頃みた怪獣映画の興奮はそのままに、現代最先端のCG技術とハリウッドの資金力を結集して作り上げた、大人の怪獣映画。ストーリーとかはどうでもいい、超巨大怪獣に人型ロボットで挑む!そういう雰囲気を楽しめれば勝ち。

まず感動したのはやっぱり日本の特撮に対する大きなリスペクトが見れたということ。ゴジラなんかハリウッドでも映画化したけど、あれって怪獣ってよりは恐竜で、生物学的に見ればあれが正しい動きなのかもしれないけど、特撮育ちの我々としては怪獣映画と言うには違うだろ!と声を大にして言いたいわけで。で、調べてみたらジュラシックパークの公開が1993年、続くロストワールドが1997年、翌年にGODZILLAの公開なので、やっぱりあれは恐竜映画の成功の流れを受けた映画だったということ。リスペクトという話に戻ると、こういう映画をハリウッドで作るとモンスターはどうしてもリアル指向で作ってしまって、GODZILLAがやったように生物的・動物的な動きに近くなるもんだと思うんだけど、今作での怪獣は手で掴んだり、がっつりパンチしてきたりどちらかと言えば人にかなり近い挙動ということに驚いた。これって多分、着ぐるみで撮っていた特撮を見たことのある監督だからこその発想で、そのことでスタッフと結構もめた上でのあの演出なんじゃないかと想像するわけですよ(笑)。まぁ完全に想像なんだけど、こういう細かな作り込みに引っかかるんだよね、自分。

で、もう1つ言うとしたら、やっぱり豪華な吹き替え声優陣!自分は吹き替えで見たんだけど、これがまた素晴らしくて・・・ってのはいろんな所で話題になってたよね。個人的にイイと思ったキャスティングは林原めぐみで、あの声優陣の中では個性のありすぎる声で若干浮いていたのは間違いないけど(二番目に浮いてたのは杉田 笑)、それを分かり切った上での配役で特撮怪獣世代としては完全に狙い撃ちされた形に(笑)。多分若い人にはバリバリ違和感だったと思うけど、カウボーイ・ビバップとか見てるとすんげーぴったりだと思うはず。自分もまだまだ若いけど。

さて、これで百点満点だったかと言われると、ケチをつけたくなる部分があるのがお約束で(笑)。やっぱり怪獣とロボットの闘いは凄く興奮するんだけど、それをずーっと続けられるとちょっと辛い。いわゆる単調で間のびする部分があるということで、個人的にはもうちょっと"間"を上手く使って作れなかったのかなーという印象。設定のツッコミどころは多いけど、もうそういうもんだと思って見てたのでそこまで気にはならなかったです、ハイ。

あ、もひとつだけ言わせてもらうとBGMがサイッコーにカッコイイ(笑)。イェーガー(ロボ)が初めて出撃するシーンとかは誰が見ても完璧なBGM合わせで鳥肌もの!今もBGM集聞きながらコレ書いてるけど、やっぱりカッコイイ。2013年映画で最高のサウンドトラックになりそうな気はする(笑)。



Trailer2.jpg


ローン・レンジャー。公開はこっちのが先だったけど、自分が見た順で後だったので。

パイレーツ・オブ・カリビアンのスタッフが再結集して作った、アメリカ西部開拓時代を描いた作品。もともとはアメリカで放送していたラジオドラマが原作なんだとか。映画化も何回かしていて、今作では主人公の一人をジョニー・デップが演じる。デップはいつも通り変な人。正直ディズニーだしちょっと期待してたんだけど、肩すかしだった・・・ようで終盤ぐぐぐっと盛り返してちょいプラスぐらいになった珍しい作品(笑)。

途中までは正直だるかった。なんかいろいろ詰め込み過ぎな上に爽快感のあるシーンが少なく、さらにデップ本人が語り役としてちょくちょく挟んでくる構成で流れが切られて分かりづらい。ちゃんと伏線はって回収するっていうのはいいんだけど、それって出来て当たり前で、いまいちフックになってなくて回収された瞬間の快感がないのはちょっと辛い。映画の基本的な要素でカタルシスってあると思うんだけど、この映画では終盤までほとんど見られなかったのが残念。

それが一変するのが、ラスト前の列車でのチェイスシーン。こっからがクッソ面白い(笑)。ウィリアム・テル序曲の音楽に合わせて(運動会でかかるあれ)、列車を追いかけはたまた追いかけられ!パイレーツシリーズでおなじみの、どーやったらそんなことになるんだよwwっていうようなピタゴラ戦闘の連続で見ていてむちゃくちゃ気持ちいい!!!この最後15分のために見る映画といっても過言ではない。

というような感じで、決してクオリティが低いわけではないし、作り込みもしっかりしていたんだけど、イマイチ上手く機能していなくて乗り切れなかった作品・・・を帳消しにするラスト15分。いろんな意味で必見です(笑)



なんかローン・レンジャーの方は若干適当になってしまった気もするけど、もともとそんなもんです。最近が無駄に頑張ってたんですね(笑)。次回からはモンハンの話が書けるかと思うので、乞うご期待。

ではまた次回ノシ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。